思考の行き止まり

TRPG、MTG、ボドゲ

やらなきゃ上達しない

とは昔の人はうまく言ったもんで、何するにもまず始めて、継続しなきゃそりゃあ上達なんてしないですよね〜っ

 

というわけで、まずはやることから初めてみようかなと思います。高校の頃死ぬ程長い日記を毎日毎日書いてたことは記憶の底にしまいこんでしまいたいサムシングだけども、文章書けたら楽しいだろうしね。

自分の価値を再確認したし、調子乗ってたなぁって思った。生きてて他人に構ってもらったらおんぶにだっこされてるなぁって思うし、そういう気持ちを最近は感じたくなくて奥にしまいこんでたから久しぶりにこんな事になってしんどくなってるんだと思う。不幸な方向に進む人間だなぁと評されることがよくあるけど、それって多分自分が不幸な位置にいないと心が耐えられないからなんだと思う。自傷的自己防衛ですね、はい。

人間に備わる素養について

人生の初期段階においてハッピーエンドを多量に接種してきた人間と、ハッピーエンド以外を多量に接種してきた人間ではどちらの方が幸せなんですかね。

 

ハッピーエンドを接種してきた人間はやっぱしハッピーエンドを迎える素養が備わってる、と感じる。虚構の中で語られる幸福が素晴らしいものだと思っているし、それを手にする権利が全人類平等に備わっていると信じて疑わない。

 

逆にハッピーエンド以外を多量に接種してきた人間は?彼らはハッピーエンドの要素が転がっていてもそれを手にすることすら戸惑うと思う。仮に一般的なハッピーエンドにたどり着いたとしても、その後自分はいつこの幸せの道から弾き落とされるのだろうと悶々とするに違いない。結局満たされているが満たされない、無間地獄に堕ちるだけなんじゃないですか?

 

薄っぺらな事言ってますけど結局は嫉妬です。

イクサランプレリリース行ってきました

イクサランプレリリース行ってきました〜

 

パック開けたら全体的に微妙of微妙で、部族も散らばってるわパッとしたフィニッシャーもいないわもうどうしようこれ...みたいな感じ。神話引いたけど全体20点+ランデスとかいうクソカード....。

青緑マーフォークor赤白ビートダウンのどっちにしょっかな〜と思いながら1戦目はマーフォークで突入

 

1戦目 vs青緑マーフォーク 0-2

呪文しか引けず即死、つまんね〜このデッキ弱〜って感じだった。そもそも部族シナジーのカードがあんま無くて、+1/+1カウンター乗せらんないわ呪禁つかねぇわでクソ試合でほんと申し訳なかった。

 

2戦目 vs赤緑恐竜 2-0

ここから赤白ビートダウンにスイッチ!青緑よりこっちの方が自分向きで楽しかった。2マナの吸血鬼2体&白1バットリがいい感じにハマって勝てました。赤恐竜めっちゃ楽しいですね〜もっと火力が取れてれば最初から赤やってたのになぁ....。

 

3戦目 vs青緑マーフォーク 0-2

1本目は普通に呪文打ち消されて死亡。2本目は2マナ吸血鬼の絆魂で30点ぐらいまで回復、相手は飛行で攻めてきて、めっちゃ殴り合い20分ぐらいやった。デッキ20枚削られたりして結局最後は飛行を止められなくて負け。 

 

まぁ〜クソみたいな試合でしたわ、なんなんじゃこりゃ。

恐竜めっちゃ流行りそうだと思いましたね〜

種々の問題

自分の妙な癖で、過去に読んだことのある本を何度も買ってしまうというものがある。

といっても過去に読んだ本なら全てがその範疇かと言われると、そうでもない。遠野物語remixとかは何冊も欲しい....自分の心はわからない...wowwow......

何かにバチっと感動してワンワン泣いたり、怒ってギャンギャン鳴いたりできる性格なら良かった